Beat Saberとは

Beat Saber(ビートセイバー)は2つのコントローラーを剣に見立て、音楽にあわせて飛来するキューブを斬る音楽ゲーム。
赤と青のセイバーと同色のキューブを特定の方向から斬る、というシンプルながら判断力も求められるゲームである。
国内外で高評価が相次ぎ、特にSteamでは10,000件以上のレビューがついており、そのうち90%以上が好評価となっている。
20190414-195053.jpg
開発元はチェコ共和国のプラハに拠点を置くインディーゲームスタジオ「Beat Games」

2019年11月26日
Oculus VRの親会社であるFacebookが本作の開発元の「Beat Games」を買収。Oculus Studiosの傘下となった

SteamとOculus Store、そしてPlayStation Storeにて配信中。

Beat Saberには1人で遊ぶ「SOLO」と「CAMPAIGN」
ローカルでスコアを競う「PARTY」の3つのゲームモードがある。

CAMPAIGN

いわゆるクエストモード。
様々なクリア条件が設定されたステージ(課題曲)をクリアしていき、ゴールを目指す。
先に進むほどクリア条件が厳しくなりやりごたえのあるゲームプレイを楽しめる。
CAMPAIGNモードの詳細はコチラ

SOLO

いわゆるフリープレイ。任意の曲を選び、プレイが出来る。
曲の開始時間や再生速度等も任意に変更できるため、練習に最適。
また、曲ごとに5つ(Easy~Expert+)の難易度と3つのプレイモードが選択可能。(曲によっては選択不可)

  • Standard:通常ルール
  • No Arrows:キューブを斬る方向が指定されない。配置も変化。
  • One Saber:片方のセイバーだけでプレイ(キューブも1色のみ)配置も変化。
  • 360°:360°あらゆる方向からキューブが迫ってくるモード。(PC、OculusQuest版のみ)
  • 90°:横90°までの範囲でキューブが迫ってくるモード。

No ArrowsとOne Saberは初心者向けのモードかと思いきやキューブ配置が変化し難易度も基本的には上がる。
判定ランクはEからSSまでの7段階。

PARTY

家族や友人とオフラインでスコアを競うことのできるモード。
名前を決め、1人ずつ順番にプレイしながらスコアを競う。

コメントを入力:
F U J᠎ X H